成長に必要な睡眠時間

身長を伸ばす為に睡眠時間は大切

 

子供の身長を伸ばすために睡眠時間は極めて重要です。

 

食事や運動、あるいは遺伝が身長に深く関係していると思われています。
確かにそれらも身長が伸びる重要な要素であることは否定しません。

 

ですが、それ以上に身長を伸ばす為に重要な要素が睡眠なのです。

 

昔の人は本当に良く言ったものです。

 

寝る子は育つ

 

現代の医学からみても寝ると身長が伸びるのは本当です。
昔の人はそんな医学的な知識など持ち合わせていなくても、経験的に寝れば身長が伸びると分かっていたのでしょう。

 

睡眠時間が身長を伸ばす医学的根拠は、端的に言えば寝ている間に成長ホルモンが分泌されるからです。
これはヒトの体の生理的な仕組みとなっているもので、多かれ少なかれどんな子供でも当てはまります。

 

子供の身長を伸ばすために最低限必要な睡眠時間

 

子供の身長を伸ばすために最低限必要な睡眠時間は個人差があるものの、7時間の睡眠は確保しましょう。

 

どこかのことわざに、「四当五落」などという言葉があり、4時間睡眠なら受験に勝てる、5時間も寝れば落ちるなどという話がありますが、そんなものは一笑に付してください。
受験と身長の伸びとは異なりますから。

 

いわゆる深夜、午前2時から3時くらいは最も深い睡眠を得るべき時間帯です。
身長を伸ばしたいなら、子供の成長を望んでいるのなら、この時間帯はぐっすり眠れる環境を作ってあげましょう。

 

暗くなったら寝る、明るくなったら起きる。
自然の摂理に歯向かわないことが、子供の成長の秘訣です。

 

子供の良質な睡眠を確保する為に必要なポイント

 

子供,身長,伸ばす,睡眠時間

現代の子供は、残念ながら毎日毎日ぐっすりと眠ってばかりはいられないようです。
身長が伸びている育ち盛りの時期から、やれ受験勉強だの習い事だのと言われてしまいます。
現代の子供たちは忙しいんですよね。

 

受験や勉強などあまり関係のないような子でも、今はテレビだけでなくパソコンやゲーム機、スマホなど、夜に時間がいくらあっても足りないような生活をしている子がたくさんいます。
子供たちはぐっすりと眠ることがますます難しいというか、遠のいていっているのが現状です。

 

しかし、睡眠時間が短くて良いわけはありません!
時代は変わっているかも知れませんが、人間の体が時代に合わせて変化するのは大変なこと。

 

ここは親御さんの出番です。
単にテレビやゲームやスマホは時間の無駄とか目に悪いというだけではなく、将来的な体の成長のためにも良くないことをしっかり指導するのが親の役目です。

 

もちろん受験で偏差値の高い学校を目指す子は、自分の将来のためにとって良いことだと親御さんも子も信じています。
だからこそ、厳しい受験勉強もするのでしょうし、それが一概に悪いことだとは到底言えません。

 

ですが、やはり程度ものだということを理解して欲しいですね。

 

メリハリをつけて、寝る時はぐっすり深い睡眠を心がける。
子供の身長を伸ばすためにも、必要な睡眠時間は確保してあげてくださいね。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加