身長を伸ばす コツ

子供の身長が伸びるピークは何歳から何歳まで?

 

子供の身長が伸びるピークは、男の子の場合は12~15歳の間で、成長ホルモンの分泌がピークとなり、急激に身長が伸びるようになります。
中学生男子の場合には、ホルモンがでやすくなるこの時期には、平均で7センチも1年間に身長が伸びます。
特に成長ホルモンが多くでる子の場合には、10センチ以上も伸びることもあります。

 

子供,身長,伸ばす,コツ

 

そのため、男の子の場合には、この時期に成長を妨げるようなことはしないようにし、生活習慣や食生活などに注意する必要があります。
ただ、成長ホルモンが大量にでる時期は個人差があり、小学生で急に身長が伸びる場合や、高校生になってから身長が伸びる子もいます。

 

あまりにも背が伸びるのが早すぎたり遅すぎる場合には、低い背のまま大人になるケースも少なくありません。

 

一方、女の子の場合は、10~12歳頃にホルモンの分泌がピークとなり、身長が伸びていきます。

 

多くの場合、小学校の高学年頃に、成長ホルモンが活発に分泌され、1年で6センチほど背が伸びます。
ただ、男の子と違って、中学生になると、分泌が終わりつつありますから、小学生の時点で十分な身長を得るためには、早めに準備をしておくことが大切です。

 

骨端線があれば、まだまだ身長は伸びる

 

骨端線があればまだ身長は伸びます。

 

骨端線とは、子供に見られる成長軟骨のことで、大人に比べると軟骨部分に柔軟性があり、外力には弱い部分です。
成長期が終わる前の子供には、この骨端線と呼ばれる軟骨が、骨のほとんどの端にあります。

 

この骨端線には、骨の素となる細胞がありますが、骨になるためには、成長ホルモンが必要となります。
成長ホルモンによって、古い骨は排除されて新しい骨が作られますが、骨端線がある子供の場合、新しい骨が作られるスピードが早く、骨が大きくなって伸びていきます。

 

睡眠栄養運動を取り入れて、成長ホルモンを分泌させる

 

子供,身長,伸ばす,コツ

睡眠栄養運動を取り入れると、成長ホルモンを分泌させることができます。

 

寝る子は育つと昔からいわれているように、成長と睡眠には密接な関わりがあります。
特に睡眠時に分泌される成長ホルモンは、成人以降の誰にでも必要不可欠なホルモンで、成長期を過ぎて背が低いことで悩んでいる人にも、有効なホルモンです。

 

ただ、眠ればよいというわけではなく、夜の22時から2時にかけて分泌されますから、夜更かしは厳禁で、この時間帯に熟睡していることが大前提となります。
また、昼寝では成長ホルモンは分泌されませんから、注意しましょう。

 

そのほかにも、背を伸ばすには、単に早く寝るだけではなく日中の適度な運動もホルモン分泌には重要です。
たくさん運動するとホルモンの分泌が活発になりますから、よく遊んでよく寝ることが重要です。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加