寝る子は育つ

子供の身長を伸ばすために必要な3つのこと

 

子供の身長を伸ばす為に必要なことは、栄養、運動、睡眠です。

 

最近は、食生活や生活習慣の乱れなどが原因で、健康状態に問題がある子供が増えています。
子供の身長が伸びないため、悩みを抱えている家庭も少なくありません。

 

栄養面でいうと、コンビニが多く、子供はスナックやインスタント食品を多く食べてしまいます。
これでは身長を伸ばす為に必要な十分な栄養素は摂れませんよね。
子供の成長には、タンパク質や亜鉛、ビタミン、カルシウム、マグネシウムなどをバランス良く含んだ食事が必要なのです。

 

睡眠も軽く見られますが、睡眠こそ子供の身長を伸ばす為に必要な要素であることを認識してください。

 

身長を伸ばすカギは睡眠にあった

 

子供,成長,睡眠,寝る子は育つ

栄養や運動以外で、身長を伸ばすためにとっても大切なものがあります。
睡眠です。

 

日本では、昔から寝る子は育つと言われていました。
昔っからある格言は、本質をついています。
熟睡する子供は身長が伸びるのです。

 

子供の成長にとって重要なのが、質の良い睡眠です。
深い眠りは、疲労回復だけでなく、体の成長にも良い影響を与えます。
脳の下垂体からは、成長ホルモンというホルモンが分泌されています。

 

成長ホルモンは、身長を伸ばすには欠かすことができない物質です。

 

身長が大きく伸びるのは、乳幼児期と思春期です。
身長の伸びに影響を与えるのが、成長ホルモンなのです。

 

体が成長する時に、成長ホルモンの分泌が正常に行われることが大切です。
最も多く成長ホルモンが分泌されるのは、眠っているときです。

 

特に、眠りに入ってから2時間くらいまでの深い睡眠時に、成長ホルモンが大量に分泌されます。
ストレスなどで眠りが浅くなってしまうと、成長ホルモンが分泌されにくくなるので、注意が必要です。

 

質の良い睡眠をとる為に大切なポイント

 

質の良い睡眠をとるには、大切なポイントがあります。

 

最近は、ゲームやスマートフォンを利用する子供が増えていますが、画面から出る光は目から入って刺激となり、脳が覚醒して寝つきが悪くなる人も少なくありません。
寝る数時間前には、ゲームやスマートフォンの電源は切って、目を休めるようにしましょう。

 

睡眠時間は同じであっても、早い時間に眠るのと、遅い時間に眠るのとでは、成長ホルモンの分泌量に違いが出ます。
寝るのが遅くなると、成長ホルモンの分泌量が減ってしまうので、早寝早起きを心がけることが大事です。

 

寝る直前まで何かを食べていると、胃が活動することになり、眠りが浅くなってしまうリスクが高くなります。

 

最近は、親子でストレスを感じている家庭が増えています。
ストレスが増えると、眠りが浅くなり、1日の疲れが取れにくくなります。
疲れが取れないと、日常生活にも悪影響が出てきます。

 

人間は寝ている間に細胞の修復を行っているので、健康的な毎日を過ごすには、質の良い眠りは非常に大切なのです。

 

良質な睡眠が成長ホルモンの分泌を促し、子供の身長を伸ばします。
寝る子は育ちますから、早寝早起きを心がけてください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加