高校生も身長は伸びる

高校生でも骨端線があれば身長は伸びる

 

高校生でもまだ背は伸びるのか、身長はいつまで伸びるのか、これは年代の悩みでもあります。

 

高校生でも骨端線が残っていれば身長はまだまだ伸びます!

 

ティーンエイジャーなら、骨端線が残っているかもしれません。
骨端線があることで、背が伸びる可能性が増えます。

 

高校生でも身長はまだ伸びる?身長はいつまで伸びるのか?

 

ティーンエイジャーの背が伸びる可能性は、思春期が終わりを迎える時期までの猶予があります。
高校生の時期は背が伸びるための、まさにラストスパートでもあります。
身長に伸びしろがあること、これが背が伸びる可能性をまだ持っている根拠になりますし、励みにもなります。

 

伸びしろというのは、人間の骨の状態に関わります。
人間は骨が元気に成長をすることで、身長が伸びます。

 

古い状態の骨の溶かして壊すのは破骨細胞、新しい骨をつくるのは骨芽細胞、両方の細胞の活躍があってこそ、人間の骨は丈夫に成長をして保持されています。

 

急激な骨端軟骨の成長があることで、成長期は特有の成長痛を感じることもあります。
過剰なストレスが筋肉にかかるために、それが成長痛として痛みを感じます。

 

筋力の成長スピードと、骨の成長スペードが違うために、成長痛は起こりやすくなります。
軟骨がゆっくりと骨へと変わっていく、その境目が骨端線です。
軟骨から硬い骨に変わることになりますので、その変化があるということは、骨の伸びしろがある証拠であり、身長が伸びる根拠になります。

 

性ホルモンが体内で順調に分泌されるようになるとともに、人間の体内では成長期のクライマックスを迎えることになります。
クライマックスを過ぎると体内の骨も成熟していきますので、骨端線も閉じていくことになります。

 

良い姿勢を意識するだけで身長が伸びる

 

高校生でも身長はまだ伸びる?身長はいつまで伸びるのか?

パソコン画面を長時間見る仕事や勉強のスタイルでは、いつの間にか前のめりの猫背になっています。
スマートフォンを利用している人も猫背になりがち。

 

高校生でまだ背を伸ばしたいならば、日頃から良い姿勢をキープする努力をしましょう。

 

猫背・O脚を矯正するだけでも身長は伸びる

 

猫背やO脚を矯正するだけでも、人間の背は伸びる可能性を秘めています。
普段から良い姿勢を意識するだけで、成長期の高校生は身長が伸びます。

 

現代人の姿勢の悪さは問題視されるところであり、これはティーンエイジャーだけに限った事ではありません。
インターネット社会になってから、学業も仕事もネットが欠かせない時代となり、ある意味姿勢の悪さは仕方のない部分でもあります。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加