子供の身長 遺伝

両親から導き出す、遺伝した場合の子供の身長

 

身長は遺伝があるから、両親ともに小さければ、子供の身長が伸び悩んでも仕方ないんじゃないの?

 

ちょっと待ってください!

 

身長は遺伝するから期待しても伸びない、というのは間違いです。

 

確かに遺伝の影響がないわけではありませんが、子供の身長を伸ばす方法がありますから。
遺伝によって子供も身長が伸びないと諦めるのはまだ早いです。

 

ちなみに、遺伝から算出する子供の身長は以下の通りです。

 

男の子の場合:

(母親の身長+父親の身長+13)/2 +2

 

女の子の場合:

(母親の身長+父親の身長-13)/2 +2

 

子供の身長は遺伝するとは限らない

 

子供,身長,遺伝,計算

将来の子どもの身長を導き出す方法としては、両親の身長から導き出して、将来、子供の身長がどのくらいの高さになるかを予測することはできます。

 

しかし、必ずしも計算した身長になるとは限らず、あくまでも目安と考えてください。
計算した身長からプラスして、子供の身長がどのくらい伸びるかは努力次第といえます。

 

「身長は遺伝するんだ」とあきらめてしまい何の努力もしなければ、子供の身長は両親の身長から導き出した大きさになる可能性が高くなります。

 

遺伝とあきらめずに、クウネルアソブで身長を伸ばそう!

 

遺伝のことにとらわれず、子供の身長を伸ばしたいのであれば、「クウネルアソブ」をすればいいのです。
つまり、よく食べて、よく寝て、よく遊ぶ!というのが背を伸ばすためには必要なのです。

 

身長を伸ばすために「クウ」

しっかり食べるといっても好きなものばかりを食べていてはいけません。
好きなものやお菓子ばかりを食べていれば、横に大きくなったとしても、縦には伸びません。

 

身長を伸ばすには縦に伸ばさなけれなりませんから、お菓子ばかりを食べるのではなく、たんぱく質やカルシウムを取りましょう!
食事の基本は高たんぱく低カロリーのものですので、お菓子を食べても大きくなりません。
お菓子は横に太らせるための食材ですので間違わないように。

 

身長を伸ばすために「ネル」

睡眠時間が足りていない子供が増えています。
塾に行って帰るのが遅ければ寝る時間は遅くなり、睡眠時間が足りない状態が続いてしまうことになります。
両親が起きている時間はずっと起きているようでは、子供にとって寝る時間が遅くなるでしょう。

 

年齢に合った睡眠時間が取れるよう、親も協力する必要があるのです。

 

身長を伸ばすために「アソブ」

身長を伸ばす為に、運動を兼ねた遊びをするようにしましょう。

 

学校から帰ってきて友人と遊ぶ場合、家にこもってゲームばかりをしているようでは視力が悪くなるばかりです。
ゲームをしてお菓子を食べても、身長は伸びませんからね。

 

友人と一緒に外で走り回って遊ぶことによって、骨が伸びる軟骨に刺激を与えることができるようになります。

 

運動をして身長を伸ばしていくのがいいとされていますから、遊びの中でも同様の動きをすれば背は伸びます。
外に出てしっかり遊ぶようにすれば身長は伸びやすくなります。

 

子供の生活にはクウネルアソブをしっかりと取り入れていくようにすれば、遺伝ばかりの影響を受けることなく将来身長で悩まなくてすむでしょう。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加