身長 伸ばす 運動

運動をすると成長ホルモンが分泌されるから背が伸びる

 

子供,身長,伸ばす,運動

身長を伸ばすために必要となる要素は様々ですが、成長期に適度な運動を行うことは良い刺激となり成長を促す効果があると考えられています。
他にも、睡眠や食事、生活習慣などが成長に深く関わって来るのが特長です。

 

成長期に太り過ぎていると、上半身が重くなって重力が下向きにかかってしまうため、背が伸びるのを抑制したり縮める可能性があるので注意しましょう。

 

子供の身長が伸びていく上で、欠かせない重要な役割を果たしているのが成長ホルモンです。
運動は成長ホルモンの分泌を促す働きがあり、適度な疲労で自然と食欲が向上する効果もあります。

 

子どもの中にはたくさんの食事を食べるのが苦手な子供もいますが、しっかり食事を食べないと、身体の成長に必要な栄養素を摂り入れることができません。
さらに良い影響として、成長ホルモンは深い眠りに入っているときに多く分泌される傾向にあります。

 

運動を行い体を動かすことで、夜に熟睡し深い睡眠を得やすくなるのもメリットです。

 

運動は縦方向の運動で刺激を与えると良い

 

子供,身長,伸ばす,運動

身長を伸ばすために大切なのは、骨を成長させること。

 

骨に与える刺激は、縦方向の力が成長を促します。
縦方向の刺激とはジャンプや屈伸をするようなスポーツで、これらの条件に当てはまるのがバスケットボールやバレーボールです。

 

バスケットボールやバレーボールに背の高い選手が多いのは、身長が高い方がゲーム的に有利という点もありますが、スポーツを行っているうちに骨に縦方向の刺激が加わった影響も大きいと考えられます。

 

しかしバスケットボールやバレーボールであっても、ジャンプをするポジションでなければ、背にあまり意味を与えません。
重要となるのはスポーツの種類ではないので、特定のスポーツにこだわり過ぎる必要はありません。

 

一人で気軽にできる身長を伸ばす運動は、常にジャンプする縄跳びなどがおすすめです。
場所を取らず、筋力や反射神経などを鍛えることが可能です。

 

身長を伸ばす逆効果になるやってはいけない運動は?

 

一方、身長を伸ばす上で悪影響になってしまう運動の仕方もあるので注意しましょう。
骨への刺激は激しいスポーツで過度な負担がかかると、かえって骨が伸びにくくなると言われています。

 

特に小さい頃から継続的に激しすぎるスポーツを行うのは、成長を妨げる場合があります。

 

また、身体が疲れすぎると、かえって食欲を失い食事をろくに口にせずに寝てしまうような状況に陥ります。
激しい運動をするならば、成長期以降の、ある程度体の作りがしっかりしてから行うようにしましょう。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加