オルチニン

成長ホルモンを助けるアルギニンとオルチニン

 

人間の体に必要不可欠な栄養素は数多く存在します。

 

その中でも成長ホルモンを助ける成分としてアルギニンとオルニチンがあります。
成長ホルモンがたくさん分泌されれば身長が伸びていきますから、この2つの成分は大注目の栄養素です。

 

大注目のアルギニンとオルチニンについて、働きを勉強していきましょう。

 

成長ホルモンの分泌を促すアルギニン

 

アルギニンはアミノ酸の一種で体内に入ると成長ホルモンの分泌を強力にする作用があります。

 

成長ホルモンの分泌を促すことで全身の代謝を良くして脂肪を燃焼させたり筋肉を増強させたり、食欲を抑制してダイエット効果も期待できます。
成長ホルモンは様々な作用を促進しているのです。

 

アルギニンは、特に子供の身長を伸ばすために欠かせない栄養素とされており、成長ホルモンの摂取に加えて適度な運動と糖質と脂質を控えるようにすることで健康な子供なら両親が長身などといった遺伝に関わらず一般的な子供でも身長を伸ばすことが期待できるとされています。

 

>>セノビル 公式サイト
 

アルギニンの効果を高めてくれるオルチニン

 

アルギニンの効果を高めてくれるのはオルチニンです。

 

オルチニンも体内で様々な働きをするとされており、一般的には肝臓や腎臓の働きを高めてくれる効果があるため二日酔いなどに効果的だということが有名です。

 

その他にも、オルチニンは疲労回復や美肌効果にも有効とされていますが、それらの働き以上に私たち人間にとってもっと重要な働きがあるとされているのをご存知でしょうか。
それは、体内にできたアンモニアなどの有害な物質を無害な尿素などに変えるオルチニン回路に関わっており、またアルギニンもその作用に関わっているとされています。

 

また、体内でオルチニンの一部がアルギニンに変化してそしてシトルリンに変化するという作用を繰り返しているので結果的にオルチニンがアルギニンの効果を高めることにつながるのです。

 

アルギニンとオルチニンの相乗効果で成長ホルモンの分泌を促す

 

身長を伸ばすサプリなどには、これらの成分を同時に配合していることが多いとされています。
これらの成分は相乗効果で成長ホルモンの分泌を促す作用があるため、単体で摂取するよりも同時に摂取することでより成長ホルモンが分泌され効果的に身長が伸びることにもつながるとされています。

 

このように、この二つの成分は密接な関係があるとされており、それぞれがそれぞれの成分を働きをサポートして効果的に作用できるように役立ってくれているのです。

 

これらの成分の相乗効果は身長を伸ばすだけでなく、健康や美容、ダイエットやアンチエイジングなど様々なことに役立てていくことができますので、効率よく摂取しながらいつまでも若々しく健康に快適に過ごしていけるようになりたいですね。

 

>>セノビル 公式サイト
 
このエントリーをはてなブックマークに追加