子供の身長を伸ばす方法

子供の身長を伸ばす為に必要な3つのこと

 

子供の身長を伸ばすために必要なポイントは3つ!

 

どの項目においてもしっかりと実践することによって、着実な背の伸びが期待できるでしょう。
個人差はありますが、身長を伸ばす効果的な方法をおさえ、出来る方法からお子さんに取り組ませてみましょう。

 

十分な睡眠が成長ホルモンを分泌させる

寝る子は身長が伸びる

子供の身長を伸ばすためにもっとも重要だと考えられるのが睡眠時間の確保です。

 

最近の子供の傾向としてはスマートフォンの普及に伴って夜更かしをしがちであると言われています。
睡眠時間の短さはそのまま成長ホルモンの分泌に影響を与えます。

 

小学生以下であれば8時間から10時間、中学生や高校生でも7時間から8時間以上の十分な睡眠時間を取らせることが大切です。

 

昔から「寝る子は育つ」と言われているのにはそれなりの経験に基づいた根拠があるものとし見直されています。身長を伸ばすためには、十分な睡眠が必要です。

 

バランスよく十分な栄養が成長を助ける

栄養が背を伸ばす

睡眠時間とともに身長を伸ばすために重要なことは、しっかりとした食事でバランスの良い栄養を摂取するということです。たくさん食べることも大切ですが、身長が伸びるためには、5大栄養素が偏らないようにしていくことも重要です。

 

保護者の方には日々の食事の管理をきちんと行うようにしてほしいものです。朝食を欠いてしまったり、間食を与えすぎてしまったり、逆に食べさせすぎたりするのも良いとはいえません。身体を構成するタンパク質や骨を育てるカルシウム分を中心としたバランスの良い食事を意識的に用意してあげることが望ましいでしょう。

 

バランスよい食事を作るのは現代の食生活では難しいと言われています。足りない栄養分は、サプリメントで補う必要がどうしてもでてくるでしょう。→子供の成長を助けるトータルサプリ

 

適度な運動が身長を伸ばす刺激になる

運動で身長が伸びる

成長を促すには適度な運動も良いとされています。成長は骨が伸びていくことで発生する現象ですので、適度な刺激が伝わることでより骨の成長を促すという効果があるとされています。

 

怪我の危険性のある激しい運動や、刺激の強すぎる運動を過度に行わせることは逆効果となりますので注意する必要がありますが、走ることや跳ぶことなどを積極的に行わせることによって、より健康的に背を伸ばすことができるようになるでしょう。

 

成長に邪魔なものはストレス

身長を伸ばす場合に最もマイナスの影響を与えるものはストレスです。

 

身長が伸びない理由はストレス

子供の社会においても大人同様多くのストレスが感じられる環境にあります。ストレスは、成長ホルモンの分泌を妨げます。学校や友人関係などのトラブルや、兄弟に関すること、親の過干渉、学業不振などのストレス源は、できるだけ少なくしてあげることが大切です。

 

家庭が子供にとって最も居心地の良い場所となり、毎日帰ってきたあとに気持ちをリフレッシュさせることができるようにしてあげたいものです。身長を伸ばすためだけでなく、子供の成長のために保護者として、しっかりとした生活環境を整えてあげましょう。

 

身長が伸びるメカニズム

 

身長が伸びるメカニズムを見ていくと、3つの要因にたどり着きます。

 

骨端線があれば、身長はまだ伸びる!

骨端線は何かというと、骨の端にあり関節部分になる膨らんだ部分を骨端といい、その骨端に挟まれた細長くまっすぐな棒状の部分を骨幹といいます。その骨端と骨幹の境目部分のことを骨端線と呼びます。

 

骨端線

 

子供は骨端と骨幹の境目部分に隙間があり、成長するにつれその隙間が骨端軟骨ができて埋まって骨は長く伸びていきます。これが身長の伸びるメカニズムです。

 

完全に骨端軟骨が出来て隙間がなくなれば成長は止まり、身長はそこで伸びなくなるのです。一般的に男性は10代後半、女性は10代半ばで骨端線が閉じるとされています。

 

このメカニズムから言えるのは、成長が終わったと思っても、骨端線の隙間がまだ残っていれば身長が伸びる余地があるので、身長はまだ伸びるということです。骨端線の隙間があるかどうかは、レントゲンを見れば確認ができます。

 

身長を伸ばすには成長ホルモンの分泌は必須。

身長を伸ばす為に成長ホルモンが必要

骨端線が残っているとして、背を伸ばすために必要になるのが成長ホルモンです。骨端軟骨が隙間を埋めるというのは、成長ホルモンの働きで骨芽細胞が細胞分裂をしている状態です。成長ホルモンが増えれば、それだけ細胞分裂が活発になり、身長が伸びていきます。成長ホルモンに欠かせないものが睡眠です。

 

成長ホルモンはノンレム睡眠(深い眠り)の状態で分泌されるもので、眠り始めてから3時間がもっとも量が多くなります。しかし、夜更かしをしたり、遅くまでパソコンやスマートフォンの画面を見ていると、深い眠りに陥りにくくなり、成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。それでは、骨端軟骨はできなくなります。

 

身長を伸ばすには、規則正しい生活が必要です。

 

身長を伸ばす為に、バランス良い栄養も大事

カラダアルファ

人の体を作るのは、日常的に食べているものが影響してきます。身長を伸ばすには、バランスの良い栄養が欠かせません。

 

身長を伸ばす為に、どのような栄養を摂るべきかというと、ビタミンAやマグネシウム、アミノ酸などがあります。アミノ酸の中で、身長を伸ばすために特に効果が高いとされるのがアルギニンです。アルギニンは大豆やナッツ、玄米に多く含まれます。

 

現代の食生活では、子供だけでなく大人の好みも変化して、唐揚げやハンバーグなど肉類が多めの洋食が中心です。しかし、子供のため、身長を伸ばすため、栄養バランスのことを考えると、様々な野菜をバランス良くつかう和食を食べさせることが望ましいでしょう。外食が多いと、どうしても洋食に偏りがちですから、家庭で栄養を十分に取れるようメニューを考えることが身長を伸ばすためには大切なことなのです。

 

子供の成長を助けるトータルサプリ
 

身長を伸ばす為の良質な睡眠方法

 

子供の身長を伸ばすためには成長ホルモンの分泌が必要不可欠です。成長ホルモンと言うのは老若男女問わず分泌されるホルモンで、体の成長やダメージの回復などに作用をもたらします。最も多く分泌されるのは成長期にある子供で、成長ホルモンの作用を受けて子供はどんどんと成長し、身長が伸びると言う具合です。

 

成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。しかし、ただ単純に眠っていれば良いと言うわけではなく、睡眠の質にこだわることが大切です。

 

成長ホルモンが一番出るのは睡眠後2~3時間

寝るまには食べるな

成長ホルモンは、眠り始めてから2~3時間後に、その分泌量が最も多くなると言われています。少なくとも3時間以上は眠る必要があります。

 

質の良い睡眠を確保するための方法は、寝る2時間前には食事をしないのが望ましいです。これは食事をすると消化、吸収のために臓器が活発に働くためです。

 

また食事をした直後に寝てしまうと、摂取したカロリーが消費されないままになってしまうので、体に対しての負担も大きくなってしまいます。睡眠の質にこだわるのであれば、胃や腸と言った臓器も休ませること、そして体に対しての負担を少なくすることが必要です。

 

寝る直前の食事は避けることで、良質の睡眠をとりやすくなり、成長ホルモンの分泌を助けます。

 

睡眠時は電気を消す(寝る前はスマホ・PCはやめる)

寝る前にスマホは触らない

睡眠時は電気を消しましょう。人の睡眠への導入、またその維持には、明暗が大きく関係しているためです。このことから、寝る前にスマホやPCを見ると言うのも避けた方が良いと言えます。身長を伸ばすためだけではなく、体に対しても睡眠は良いことです。睡眠を阻害することは避けましょう。

 

照明の光、あるいはスマホやPCの光と言うのはとても強力で、それを浴びることで睡眠導入に大きな作用を持っているホルモン、メラトニンの働きが乱れてしまう恐れがあります。メラトニンが乱れてしまうと、夜なのに体は朝と勘違いしたままと言う状態になりやすくなるため、眠りに対しての質も悪化しやすくなってしまいます。

 

身長を伸ばすため、寝る前にはスマホなどは触らない、そして寝る時にも電気を消すと言うのが必要です。どうしても真っ暗闇で寝るのは不安だと言う人は、常夜灯のような照明にしておくと良いでしょう。

 

お風呂は寝る1時間前に入ろう

お風呂に入ってすぐに寝ない

良質な睡眠を得るための最後のポイントは、お風呂は寝る1時間以上前に入るということです。お風呂に入ると一時的に体温が上がります。体温が上がると人間の体は活動モードに入りますから、その状態で眠りにつくと言うのはなかなか難しいことです。

 

しかし入浴後、しばらく時間が経過すると、体温はジョジョに下がっていきます。そうすると今度は、人間の体は休息モードに入ります。体温が徐々に下がり体が休息モードに入るタイミングで眠るようにすると、入眠がうまくいきやすく、睡眠の質も保つことが期待できます。睡眠をしっかりとるためには、お風呂は1時間前に済ませておくのが望ましいということです。

 

睡眠が身長を伸ばすコツ

身長を伸ばすためには、成長ホルモンが必要です。成長ホルモンには、良質の睡眠が必要です。寝る子は育つのですから、身長を伸ばす為にもお子さんにはたっぷり睡眠をとってもらいましょう。

 

身長を伸ばす為に必要なものは適切な栄養

 

身長を伸ばすために必要なのはカルシウムだけではない

身長を伸ばすには、昔からカルシウムが必要だと言われてきました。もちろん、カルシウムは骨の成長に重要な役割を担っているので大事です。ですが、カルシウムだけをたくさん摂取してもあまり意味がありません。

 

身長を伸ばすために摂ると良いとされる栄養素はカルシウム以外にもたくさんあるのです。

 

カルシウムを助ける栄養素

身長を伸ばす為には栄養が必要

身長を伸ばすための栄養素として、カルシウム以外に、

 

  • タンパク質
  • 亜鉛
  • ビタミン
  • マグネシウム

 

などがあります。タンパク質は、子供の成長に必要な成分です。血や肉になりますよね。また、タンパク質は、成長ホルモンの分泌を促す効果もある栄養素なので、積極的に摂っていきたい栄養素です。

 

亜鉛は、細胞分裂を促進する働きがあります。身長を伸ばしたいならぜひ取っておくべき栄養素になります。

 

ビタミンは、健康維持に大切な栄養ですね。そして身長を伸ばすためには、ビタミンCとビタミンDが必須となります。ビタミンCは、カルシウムの吸収率をあげ、ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進します。ビタミンCもビタミンDもカルシウムを助け身長を伸ばす大きな役割があるんです。

 

マグネシウムは、カルシウムを吸収する時に使われます。カルシウムをたくさんとっても、マグネシウムが不足していると、骨になってくれません。マグネシウムも身長を伸ばすのに必要な栄養素なのです。

 

アミノ酸のアルギニンは、身長を伸ばす為に必須栄養素

セノビル

身長を伸ばすには、カルシウム、タンパク質、亜鉛、ビタミン、マグネシウムとバランスよく栄養を取る必要があることがわかったと思います。

 

最後にもう一つ、身長を伸ばすために、最近大きな注目を集めているのがアルギニンです。

 

アルギニンはアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促します。また、免疫力を高め、血液の流れを良くする働きも期待できます。ここ数年で、子供の成長をサポートするサプリメントが様々なメーカーから販売されていますが、多くのサプリメントには、アルギニンが配合されています。

 

アルギニンは、オトナであれば体内で合成することができるのですが、子供は体内で合成することができません。ですから、食事から摂取する必要があり、食事から摂取できない場合は、サプリメントを利用してアルギニンを補っている人が多いです。

 

アルギニンを補えるサプリ
 

身長を伸ばす為の適度な運動方法

 

子供の身長を伸ばすには運動が良いとされていますが、実際にはどんな方法で行えば良いのかわからないという人も多いことでしょう。そこで、身長を伸ばすための適度な運動方法について考えてみましょう。

 

積極的な運動で身長は伸びる

背を伸ばす為に適度な運動

大切なこととしては一時的にたくさんするのではなくて積極的にそして定期的に行うことが重要といえます。ある程度背を伸ばしたいと考えているのであれば、やはり体を動かすことは欠かせません。

 

その理由として、身長を伸ばすホルモンである成長ホルモンは運動を開始してからの15分後とその後3時間程度の間に分泌されるからです。

 

身長を伸ばすために効果的な運動方法

そして、身長を伸ばすために効果的な方法としては食欲を増進して睡眠をもたらし、骨に対してある程度縦方向の負荷がかかる運動が適しているとされています。

 

どんな運動が良いかというと、ジョギングや縄跳び、ダンスやバスケットボールやバレーボールなどが良いとされています。お子さんが好きではないのにこれらのスポーツをやらせても続きませんので、お子さんの好きな分野で体を動かすことを目指していくのが良いと言えるでしょう。

 

身長を伸ばしたい時に避けた方が良い運動

では、逆に背を伸ばしたいときに避けた方が良い運動とはどんなものがあるのでしょうか。消耗の激しいマラソンや重量挙げ、お子さんが嫌いなスポーツで伸ばそうと思っても続かないことと、消耗の激しいスポーツは伸びる時期が完全に過ぎてから始めるのが良いとされていますので、いくら背を大きくさせたいからと言って無理に過度に押し付けてやらせないように心がけましょう。

 

身長を伸ばす為に筋トレも

適度な筋トレが背を伸ばす>

負荷がかかる筋トレなどはあまりやらない方が良いです。ただし、身長を伸ばす為に負荷をかけ過ぎない筋トレならやった方が良いとされています。

 

重量挙げなど、ぎりぎりまで負荷をかけて筋肉を鍛えるようなことは返って成長を妨げてしまう原因となりますが、軽いストレッチや筋トレなどは成長ホルモンの分泌を促進するのに欠かせないとされていますので、体への負担を最小限に抑えて全身を鍛えるつもりで筋トレやストレッチを行っていくのが良いとされています。

 

筋トレ後は体を休ませよう

加えて、筋トレを行った後には回復時間を設けて体を休めるようにするのも大切です。回復時間は、人によって異なりますがだいたい24時間~5日ほどかかりますので筋肉を効果的に育てるためにも必ず回復時間を作るようにしましょう。

 

正しい運動で身長を伸ばす

このように、身長を伸ばすために効果的な方法は様々な方法があるとされていますが、間違った方法を行っていると逆に成長の妨げとなり背が伸びなくなってしまうことも考えられます。

 

身長を伸ばすためにも、身体を痛めないように十分に注意して行うように心がけるのが望ましいと言えるでしょう。

 

身長を伸ばす為に普通の食事で栄養は足りるのか?

 

野菜の栄養価が落ちている

背を伸ばす為に野菜が必要

子供の身長を伸ばす為に普通の食事で栄養は足りるのかという疑問は、第一に野菜の栄養価が落ちている問題から考えると理解しやすくなります。

 

昔ながらの野菜は有機質の土壌を基礎にして、太陽の恵みをたっぷりと受けて養分を蓄える性質がありました。ところが、経済性を優先させて野菜を栽培する場合、農薬や化学肥料を過剰に使い滋養が減ってしまうことがあります。

 

ピーマンなどの果菜は完熟すると旨味成分やビタミンなども充実するわけですが、未熟な状態では減ってしまいます。最近では冬でも夏野菜を食べることが可能になっていますが、旬の時期よりも野菜に含まれる栄養は少ないのは言うまでもありません。

 

通常の食生活では身長を伸ばす為の十分な栄養が摂れない

身長を伸ばすための栄養は、ビタミンやミネラルも含めて非常に多彩です。通常の食生活だけで身長を伸ばす為に必要な栄養を摂取しようとしても、どこかに無理が生じてくるものです。鉄分を多くするために葉物野菜を増やしても、結果的には植物性の非ヘム鉄だけしか摂れないことになります。

 

逆に肉類を増やせばヘム鉄が豊富になりますが、今度は脂肪が過剰になってしまう弊害も生まれます。バランスを充実させることは非常に難しく、子供の母親にとっても難しい課題となっています。通常の食生活では十分なスタミナ成分を摂れないことが明らかですから、多角的な対策を行うことが欠かせません。

 

好き嫌いが多い子供が増えた

好き嫌いする女の子

背を伸ばす為に必要な栄養が食事だけで十分に摂れないのは、好き嫌いの激しい子供が増えているためでもあります。飽食の時代らしい問題ですが、解決することは容易ではありません。乳脂肪や砂糖に由来する豊かなコクを求めることも多いですから、適度な苦味や酸味などの微妙な味わいを嫌う傾向も目立っています。

 

成長ホルモンを活性化するためには亜鉛が必須になりますが、魚が嫌いな場合には不足しやすくなります。親は様々な工夫をして食べさせようとするわけですが、幼いうちの味覚では山菜類の強い苦味を拒否するのは仕方ないことでもあります。食事だけで嫌いなものを無理に食べさせようとすれば、精神的にも大きなストレスになりますので、他の対策を考えることが大切です。

 

サプリメントを飲まないと必要栄養素が取れない

カラダアルファ

結局のところ、サプリメントを飲まないと身長を伸ばす為の必要栄養素が摂取できないという結論に達します。食事も重要になるのは確かですが、アミノ酸やミネラルの量を意識的に増やしていても、不足分が発生する可能性は非常に高くなります。

 

偶然に完璧な食事を作ったとしても、翌日にも同じ内容を再現できる保証はありません。身長を伸ばすための栄養を確実に摂取するために、サプリメントを日常的に使うことが理想的になります。

 

>> カラダアルファ公式サイト
 

身長を伸ばすオススメサプリ

 

子供の身長を伸ばすために不足しがちな必須栄養素を補うための成長補助サプリメント。カラダアルファは、栄養素がバランスよく配合されているのが特徴。子供の成長に必要な50種類以上の栄養素がギュギュっと濃縮されており、カラダアルファが成長の助けをしてくれます。子供の身長を伸ばすにはカルシウムだけでは足りません。他の栄養素もしっかりとることが大切。必須栄養素をバランスよく摂取しましょう。

のびのびスムージーは、スムージータイプの成長補助サプリメント。非常に飲みやすいのが特徴。朝の牛乳をのびのびスムージーに変えるだけで良いのです。子供の成長の為に、アルギニンやカルシウムが大切と言いますが、それ以外の栄養がかけると背は伸びません。のびのびスムージーでは、成長に必要な栄養がバランスよく配合されています。野菜不足解消に、必須のサプリと言えるでしょう。

セノビックは、ロート製薬が販売している成長期応援飲料。牛乳に溶かして飲むだけで、成長に必要な栄養素を補えます。骨の成長に必要とされるボーンペップが多く含まれているのが特徴。販売元がロート製薬というところで、かなりの安心感がある成長補助サプリメントです。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加