子供 身長 伸ばす

子供の身長を伸ばす3つの方法!

子供の身長を伸ばしたい!

 

子供の身長を伸ばすポイントはたった3つ!

 

どのポイントにおいてもしっかり実践すれば、着実な身長の伸びが期待できます。
個人差はありますが、子供の身長を伸ばす効果的な方法を学習し、お子さんにすぐ取り組ませましょう。

 

十分な睡眠が子供の身長を伸ばす!

寝る子は身長が伸びる

子供の身長を伸ばすためにもっとも重要だと考えられるのが睡眠時間の確保です。

 

たくさん睡眠をとる子供は、成長ホルモンがたくさん分泌されて、身長が伸びるのです。

 

スマートフォンの普及に伴い、最近の子供の傾向として夜更かしをしがちです。
睡眠時間の短さはそのまま成長ホルモンの分泌低下に影響を与えます。

 

子供の身長を伸ばしたいなら、小学生以下であれば8時間から10時間、中学生や高校生でも7時間から8時間以上の十分な睡眠時間を取らせましょう。

 

昔から「寝る子は育つ」と言うじゃないですか。
この格言は経験に基づいた根拠があるものとし見直されています。
身長を伸ばすために、十分な睡眠が必要です。

 

身長を伸ばす良質な睡眠方法については「必要な睡眠時間」をご覧下さい。

バランスの良い栄養が身長を伸ばす

栄養が背を伸ばす

子供の身長を伸ばしたいなら、栄養のバランスがとれた食事を食べさせましょう。

 

食べる量も大切ですが、身長を伸ばすためには、5大栄養素が偏らないことが重要です。

 

保護者の方は日々の食事の管理をきちんと行うように気を付けて下さい。
朝食を欠いてしまったり、間食を与えすぎてしまったり、逆に食べさせすぎたりするのもよくありません。

 

身体を構成するタンパク質や骨を育てるカルシウム分を中心としたバランスの良い食事を意識的に作ってあげましょう!

 

ですがですが、、、

 

栄養バランスのとれた食事を作るのは現代の食生活では難しいと言われています。
足りない栄養分は、成長サプリで補う必要がどうしてもでてくるでしょう。→子供の成長を助けるトータルサプリ

 

適度な運動が子供の身長を伸ばす刺激になる

運動で身長が伸びる

子供の身長を伸ばすには適度な運動が必要です。
成長は骨が伸び過程で発生する現象。
適度な刺激が伝われば骨の成長を促すという効果があります。

 

怪我の危険性のある激しい運動や、刺激の強すぎる運動を過度に行わせると逆効果ですから注意してください。
運動の中でも「走る」運動や「跳ぶ」動作などを積極的に取り入れて、より健康的に身長を伸ばしましょう!

 

成長に邪魔なものはストレス

身長を伸ばす場合に最もマイナスの影響を与えるものはストレスです。

 

身長が伸びない理由はストレス

子供の社会においても大人同様多くのストレスを感じる環境にあります。
そして、ストレスは、成長ホルモンの分泌を妨げます。

 

学校や友人関係などのトラブル、兄弟に関すること、親の過干渉、学業不振など、ストレス源は可能な限り減らしてあげましょう。

 

お子さんにとって家庭が最も居心地の良い場所となり、毎日自宅に帰ってきた時に気持ちをリフレッシュさせてあげたい!
身長を伸ばすためだけでなく、子供の心身の成長のために、保護者としてしっかり生活環境を整えてあげたものです。

 

子供の身長を伸ばすメカニズム

子供の身長が伸びるメカニズムを見ていくと、3つの要因にたどり着きます。
身長が伸びる3つの要因を理解して、子供の身長をドンドン伸ばしていきましょう!

骨端線があれば、身長はまだ伸びる!

骨端線が残っていれば、子供の身長はまだまだ伸びます!

 

骨端線は何かというと、、、
百聞は一見に如かずですから、私の書いた絵を見て確認してください!

 

骨端線

 

骨端というのが、骨の端にあり関節部分になる膨らんだ部分。
骨端に挟まれた細長くまっすぐな棒状の部分を骨幹といいます。

 

その骨端と骨幹の境目部分を骨端線と呼びます。
私の絵でわかって頂けたかどうか、いささか疑問ではありますが・・・(;´・ω・)

 

子供は骨端と骨幹の境目部分に隙間があり、成長するにつれ、その隙間が骨端軟骨ができて埋まって骨は長く伸びていきます。
これが身長が伸びるメカニズムです。

 

骨端軟骨が完全に出来上がり隙間がなくなれば成長は止まり、身長もそこで止まります。
一般的に男性は10代後半、女性は10代半ばで骨端線が閉じるようです。

 

身長が伸びるメカニズムから言えるのは、成長が終わったと思っても、骨端線の隙間がまだ残っていれば、身長が伸びる余地があるので、身長はまだ伸びます。
骨端線の隙間があるかどうかは、レントゲンを撮って確認可能です。

 

骨端線の確認方法の詳細は「骨端線の確認方法」記事でご確認下さい。

子供の身長を伸ばすには成長ホルモンの分泌は必須

身長を伸ばす為に成長ホルモンが必要

子供の身長を伸ばすために必要なのが成長ホルモンです。

 

骨端軟骨が隙間を埋めるというのは、成長ホルモンの働きで骨芽細胞が細胞分裂をしている状態です。
難しい話ですが、細胞分裂が活発になってどんどん細胞が増えれば、それだけ成長します。
成長ホルモンがどんどん増えれば、それだけ子供の身長も伸びていきます。

 

成長ホルモンの増加に欠かせないものが睡眠です。

 

成長ホルモンはノンレム睡眠(深い眠り)の状態で分泌されるもので、眠り始めてから3時間がもっとも量が多くなります。
しかし、夜更かしをしたり、遅くまでパソコンやスマートフォンの画面を見ていると、深い眠りに陥りにくくなり、成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。
それでは、骨端軟骨はできなくなります。

 

子供の身長を伸ばすには、規則正しい生活が必要です。

身長を伸ばす為に、栄養バランスも大事

カラダアルファ

子供の体を作るのは、日常的に食べているものが影響してきます。

子供の身長を伸ばすには、バランスの良い栄養が欠かせません。

 

子供の身長を伸ばす為に、どのような栄養を摂るべきかというと、ビタミンAやマグネシウム、アミノ酸などがあります。
アミノ酸の中で、身長を伸ばすために特に効果が高いとされるのがアルギニンです。
アルギニンは大豆やナッツ、玄米に多く含まれます。

 

現代の食生活では、子供だけでなく大人の好みも変化して、唐揚げやハンバーグなど肉類が多めの洋食が中心です。
子供の身長を伸ばす栄養バランスを考えると、様々な野菜をバランス良く使う和食を食べさせることが望ましいでしょう。
外食が多いと、どうしても洋食に偏りがちですから。

 

成長に必要な栄養が取れる食事をご家庭で作ることが、身長を伸ばすためには大切です。

 

ですが、毎日のメニューを考えるのが大変、栄養士でもないし、じっくり考える暇があるほど母親業って楽じゃない!
とお悩みの場合は、成長サプリが重宝するでしょう。

 

最近は、子供の成長に必要な栄養がぎっしりつまった成長サプリも充実しているんですよ。

 

子供の成長を助けるトータルサプリ
 

身長を伸ばす成長サプリ

子供の身長を伸ばす成長サプリのご紹介です。
当サイトからよく売れている順(人気順)にランキングしました。

 

現代の食事では子供の身長を伸ばす十分な栄養素は摂取できません。
毎日の食事プラスアルファで成長サプリを併用して飲むと良いでしょう。

子供の身長を伸ばすために不足しがちな必須栄養素を補うための成長補助サプリメント。カラダアルファは、栄養素がバランスよく配合されているのが特徴。子供の成長に必要な50種類以上の栄養素がギュギュっと濃縮されており、カラダアルファが成長の助けをしてくれます。子供の身長を伸ばすにはカルシウムだけでは足りません。他の栄養素もしっかりとることが大切。必須栄養素をバランスよく摂取しましょう。

のびのびスムージーは、スムージータイプの成長補助サプリメント。非常に飲みやすいのが特徴。朝の牛乳をのびのびスムージーに変えるだけで良いのです。子供の成長の為に、アルギニンやカルシウムが大切と言いますが、それ以外の栄養がかけると背は伸びません。のびのびスムージーでは、成長に必要な栄養がバランスよく配合されています。野菜不足解消に、必須のサプリと言えるでしょう。

2634

セノビルは、リピート率98.4%の大人気成長サプリ。一番の特徴は、アルギニンです。成長ホルモンの分泌を促すと言われるアルギニンが大量に入っているので、成長期の子供に是非飲ませたいサプリメントです。飲む前と比べて明らかに身長の伸びが違うと言われるほど大満足の口コミがいっぱいあります。お試しあれ。

 

子供の身長を伸ばす良質な睡眠方法

子供の身長を伸ばす為に、質の高い睡眠が必要。
なぜなら、子供の身長を伸ばすためには成長ホルモンの分泌が必要不可欠だからです。

 

成長ホルモンは老若男女問わず分泌されるホルモンで、体の成長やダメージの回復などに作用します。
最も多く分泌されるのは成長期にある子供で、成長ホルモンの作用を受けて子供はドンドン成長し、身長がぐんぐん伸びます。

 

成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。
単純に眠れば良いわけではなく、睡眠の質にこだわることが大切です。

子供の身長を伸ばす為に成長ホルモンをたくさん出そう!

寝るまには食べるな

眠り始めてから2~3時間後に、成長ホルモンの分泌量が最も多くなると言われています。
少なくとも3時間以上は眠る必要があります。

 

質の良い睡眠を確保する方法は、寝る2時間前に食事をしないことです。
食事をすると消化、吸収のために臓器が活発に働き、体がしっかり休まりません。

 

また食事をした直後に寝てしまうと、摂取したカロリーが消費されないままになってしまい、体に対しての負担も大きくなってしまいます。
睡眠の質にこだわるのであれば、胃や腸と言った臓器も休ませる、そして体に対しての負担を軽くする必要があります。

 

寝る直前の食事を避ければ、良質の睡眠をとりやすくなり、成長ホルモンの分泌が増加します。

子供の身長を伸ばすなら睡眠時は真っ暗にする

寝る前にスマホは触らない

睡眠時は電気を消し、真っ暗にしましょう。

 

人の睡眠への導入、また良質な睡眠の維持には、明暗が大きく関係しています。
明るいと良質な睡眠が得られず、成長ホルモンの分泌が低下し、身長が伸びません。

 

寝る前にスマホやPCを見るのも避けてください。
深い睡眠が得られなくなります。
身長を伸ばすためだけでなく、体に対しても睡眠は大切です。

 

睡眠を阻害することは避けましょう。

 

照明の光、あるいはスマホやPCの光と言うのはとても強力で、強い光を浴びれば睡眠導入に大きな作用を持っているホルモン、メラトニンの働きが乱れてしまう恐れがあります。
メラトニンが乱れてしまうと、夜なのに体は朝と勘違いしたままと言う状態になりやすくなり、眠りに対しての質も悪化しやすくなります。

 

子供の身長を伸ばすため、寝る前にはスマホは触らない、そして寝る時は電気を消し部屋を真っ暗にしましょう。

 

どうしても真っ暗闇で寝るのが不安なら、常夜灯のような照明にしておくと良いでしょう。

お風呂は寝る1時間前に入ろう

お風呂に入ってすぐに寝ない

良質な睡眠を得るための最後のポイントは「お風呂は寝る1時間以上前に入る」です。
お風呂に入ると一時的に体温が上がります。
体温が上がると人間の体は活動モードに入りますから、体温が高い状態で眠りに落ちるのは難しくなります。

 

入浴後しばらく時間が経過すると、体温は徐々に下がっていきます。
体温が下がると、人間の体は休息モードに入ります。

 

体温が徐々に下がり体が休息モードに入るタイミングで眠るようにすると、入眠がうまくいきやすく、睡眠の質も高い状態で維持できます。
睡眠をしっかりとるためには、お風呂は1時間前に済ませておくのが望ましいでしょう。

睡眠が子供の身長を伸ばすコツ

子供の身長を伸ばすために、成長ホルモンが必要です。

 

成長ホルモンには、良質の睡眠が必要です。
寝る子は育つのですから、身長を伸ばす為にもお子さんにはたっぷり睡眠をとってもらいましょう。

 

身長を伸ばす為に必要なものは適切な栄養

身長を伸ばすために必要なのはカルシウムだけではない

身長を伸ばすには、昔からカルシウムが必要だと語り継がれてきました。
もちろん、カルシウムは骨の成長に重要な役割を担っているので大事です。
ですが、カルシウムだけをたくさん摂取してもあまり意味がありません。

 

身長を伸ばすために摂ると良いとされる栄養素はカルシウム以外にもたくさんあるのです。

成長に必要なカルシウムを助ける栄養素

身長を伸ばす為には栄養が必要

身長を伸ばすための栄養素として、カルシウム以外に、

  • タンパク質
  • 亜鉛
  • ビタミン
  • マグネシウム

などが必要です。

 

タンパク質

タンパク質は、子供の身長を伸ばすのに必要な成分です。
血や肉になります。
タンパク質は、成長ホルモンの分泌を促す効果もあるので、積極的に摂っていきたい栄養素です。

 

亜鉛

亜鉛は、細胞分裂を促進する働きがあります。
身長を伸ばしたいなら、ぜひ取っておくべき栄養素になります。

 

ビタミン

ビタミンは、健康維持に大切な栄養ですね。
そして身長を伸ばすためには、ビタミンCとビタミンDが必須となります。
ビタミンCは、カルシウムの吸収率をあげ、ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進します。
ビタミンCもビタミンDもカルシウムを助け身長を伸ばす大きな役割があるんです。

 

マグネシウム

マグネシウムは、カルシウムを吸収する時に使われます。
カルシウムをたくさんとっても、マグネシウムが不足していると、骨になってくれません。
マグネシウムも身長を伸ばすのに必要な栄養素なのです。

身長を伸ばす必須栄養素は、アミノ酸のアルギニン

セノビル

身長を伸ばすには、カルシウム、タンパク質、亜鉛、ビタミン、マグネシウムとバランスよく栄養を取る必要があることがわかったと思います。

 

最後にもう一つ、身長を伸ばすために、最近大きな注目を集めているのがアルギニンです。

 

アルギニンはアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促します。
また、アルギニンは免疫力を高め、血液の流れを良くする働きも期待できます。
ここ数年で、子供の成長をサポートする成長サプリメントが様々なメーカーから販売されていますが、多くの成長サプリにアルギニンが配合されています。

 

アルギニンは、大人であれば体内で合成できますが、子供は体内で合成できません。
アルギニンは、食事から摂取するのですが、食事から摂取できない場合は、サプリメントを利用される方が増えています。

 

子供の身長を伸ばすコツとして、アルギニンの摂取が有効です。

 

アルギニンを補えるサプリ
 

身長を伸ばす為の適度な運動方法

子供の身長を伸ばす適度な運動が必要です。

 

子供の成長に運動が良いと知っていても、実際にどんな方法で行えば良いのかわからない方もいらっしゃるでしょう。
そこで、身長を伸ばすための適度な運動方法について考えてみましょう。

積極的な運動で身長を伸ばす

背を伸ばす為に適度な運動

一時的に行う急激な運動はいけませんが、積極的で定期的な運動は大変重要です。
子供の身長を伸ばしたいと考えているのであれば、体を動かす必要があります。

 

その理由として、身長を伸ばすホルモンである成長ホルモンは運動を開始してから15分後に分泌されはじめ、、3時間程度分泌され続けるからです。

身長を伸ばすために効果的な運動方法

身長を伸ばすために効果的な方法としては食欲を増進して睡眠をもたらし、骨に対してある程度縦方向の負荷がかかる運動が適しているとされています。

 

具体的な運動として、ジョギングや縄跳び、ダンスやバスケットボールやバレーボールなどが良いでしょう。
子供がこれらのスポーツが好きでない場合は、無理にやらせても続きませんので、子供の好きな分野で体を動かすことを目指していくのが良いでしょう。

身長を伸ばす為に避けた方が良い運動

逆に背を伸ばしたいときに避けた方が良い運動とはどんなものがあるのでしょうか。
消耗の激しいマラソンや重量挙げ、極度に体に負担がかかるものは避けた方が良いでしょう。
消耗の激しいスポーツは伸びる時期が完全に過ぎてから始めてください。

 

また、子供が嫌いなスポーツで伸ばそうと思っても続きません。
いくら背を伸ばしたいからと言って、子供に過度な運動を押し付けるのはやめましょう。

身長を伸ばす為に筋トレも

身長を伸ばす為に負荷をかけ過ぎない筋トレを推奨します。
ただし、負荷がかかる筋トレはあまりやらない方が良いです。

 

適度な筋トレが背を伸ばす>

 

重量挙げなど、ぎりぎりまで負荷をかけて筋肉を鍛えることは成長を妨げてしまう原因となりますのでおすすめしません。

 

軽いストレッチや筋トレなどは成長ホルモンの分泌を促進するのに欠かせないとされていますので、体への負担を最小限に抑えて全身を鍛えるつもりで筋トレやストレッチを行っていくのが良いとされています。

筋トレ後は体を休ませよう

筋肉を効果的に育てるためにも必ず回復時間を作るようにしましょう。

 

筋トレを行った後には回復時間を設けて体を休めましょう。
回復時間は、人によって異なりますがだいたい24時間~5日ほどかかります。

正しい運動で身長を伸ばす

身長を伸ばすために効果的な方法をご紹介しましたが、間違った運動をすると成長の妨げとなり背が伸びなくなってしまう恐れがあります。

 

身長を伸ばすためにも、身体を痛めないように十分に注意して運動するよう心がけてください。

 

身長を伸ばす為に普通の食事で栄養は足りるのか?

子供の身長を伸ばす為の栄養が足りない!

背を伸ばす為に野菜が必要

子供の身長を伸ばすには、野菜の栄養が必要です。

 

ですが、現代社会において野菜の栄養価が落ちていて、子供が十分な栄養を摂取できない状況になっています。

 

昔の野菜は有機質の土壌を基礎にして、太陽の恵みをたっぷりと受けて養分を蓄える性質がありました。
ところが、経済性を優先させて野菜を栽培した結果、農薬や化学肥料を過剰に使い滋養が減った野菜を作りだしています。

 

ピーマンなどの果菜は完熟すると旨味成分やビタミンなども充実するわけですが、未熟な状態では栄養価が減ってしまいます。
最近では冬でも夏野菜を食べることが可能になっていますが、旬の時期よりも野菜に含まれる栄養は少ないのは言うまでもありません。

 

子供の身長を伸ばすための栄養素が食事だけでは摂取できない世の中になってしまいました。

 

子供の成長を助けるトータルサプリ

 

通常の食生活では身長を伸ばす為の十分な栄養が摂れない

身長を伸ばすための栄養は、ビタミンやミネラルも含めて非常に多彩です。
通常の食生活だけで身長を伸ばす為に必要な栄養を摂取しようとしても、どこかに無理が生じてくるものです。
鉄分を多くするために葉物野菜を増やしても、結果的には植物性の非ヘム鉄だけしか摂れない状況に陥ります。

 

逆に肉類を増やせばヘム鉄が豊富になりますが、今度は脂肪が過剰になってしまう弊害も生まれます。
充実した栄養バランスは非常に難しく、子供の母親にとっても難しい課題となっています。
通常の食生活では十分なスタミナ成分を摂れないことが明らかで、多角的な対策が欠かせません。

子供が好き嫌いすると身長は伸びない

好き嫌いする女の子

背を伸ばす為に必要な栄養が食事だけで十分に摂れないのは、好き嫌いの激しい子供が増えているためでもあります。
飽食の時代らしい問題ですが、この問題の解決は容易ではありません。
乳脂肪や砂糖に由来する豊かなコクを求めることも多く、適度な苦味や酸味などの微妙な味わいを嫌う傾向も目立っています。

 

成長ホルモンを活性化するためには亜鉛が必須になりますが、魚が嫌いな場合には不足しやすくなります。
親は様々な工夫をして子供に食べさせようとするわけですが、幼いうちの味覚では山菜類の強い苦味を拒否するのは仕方がありません。

 

食事で嫌いなものを無理に食べさせようとすれば、精神的にも大きなストレスになりますので、他の対策を考えましょう。

子供の成長に必要な栄養素は成長サプリで!

カラダアルファ

結局のところ、

 

成長サプリを飲まないと身長を伸ばす為の必要栄養素が摂取できない

 

という結論に達します。
食事も重要になるのは確かですが、アミノ酸やミネラルの量を意識的に増やしていても、不足分が発生する可能性は非常に高くなります。

 

偶然に完璧な食事を作ったとしても、翌日にも同じ内容を再現できる保証はありません。
身長を伸ばすための栄養を確実に摂取するために、足らない栄養素を成長サプリで補うのが一番確実です。

 

>> カラダアルファ公式サイト
 

身長を伸ばす工夫【素人体験談】

睡眠・栄養・努力で身長は伸びる

私が165センチと、男としては低いほうだったので、息子には背が高くなってもらいたいと思いました。
背が高いお子さんをもつ方々に話を聞く中で、いろいろなことが分かってきました。
まず、背が高くなるのは、「遺伝的要素」が高いということ。しかし、それを言ってしまえば身も蓋もありませんので。
遺伝的要素を除いたうえで、どうすれば背が高くなるかということを、情報をもとに整理すると、①睡眠をとる②牛乳や小魚等、カルシウムを摂取する③身長の伸びを阻害することをしないということだと思い、その通りに息子に実践させました。
①については、小学生のときは夜更かしさせず、夜9時には寝させました。②は毎日、牛乳を決まった量(500cc)飲ませました。③は、筋力トレーニングや正座などを極力させませんでした。
そのうえで、昔からやっている家庭はありましたが、柱に背の高さの傷をつけていきました。子ども自身に、「背を高くしたい」という思いをもってもらうためでした。
小学校の高学年ぐらいから、ひと月ごとに柱の傷が少しずつ上がっていくということに、親も子どもも心を弾ませていました。
私は165センチ、妻は153センチですが、息子は現在、高校2年生で179センチあります。
遺伝的要素以外に、努力と工夫で身長は伸びると思います。

寝る子は育つ、8時に就寝

身長は遺伝という話も良く聞きますが、私としては遺伝の要素ももちろんあると思いますが、やはり睡眠時間が一番かなと思っています。
というのも、私の家族では両親は父172cm、母160cmで、年代にしては背の高い方ではありますが、ずば抜けて高いというものではないはず。
そして、姉は156cm、私は165cmです。同じ遺伝子を持ち、同じご飯を食べて生活したのに、私と姉とではかなりの身長差があり、姉は小学生のころから背の順でも前の方。私は小学生の低学年時は背の順で前の方にいたものの、だんだんと友達を追い越し、中学生では後ろから二番目または三番目くらいになっていました。
私と姉との決定的な生活スタイルの違いは睡眠でした。姉は夜11時になっても寝ない人。中学生くらいの時は夜更かししていたと思います。
ところが私はなぜか良く寝る子で、夜の八時には布団に入って就寝していました。
この身長差は絶対に睡眠時間にあると思い、自分の子供も幼稚園時代は7時半に就寝させ、今は小学生ですが八時には就寝させています。
そのせいなのか、上の子は一年生の時にすでに130cmあり、今ももちろん伸び続けているようです。
身長には遺伝的な要因が多少はあると思いますが、やはり一番大切なのは睡眠時間だと思っています。
夜、いつまでたっても寝ない子には強制的に日中、これでもかというくらいに外遊びをさせるといいかなと思っています。
先月から子供用サプリメントのカラダアルファを飲み始めました。まだ効果のほどは分かりませんが、このサプリメントもプラスに働いてくれるといいなと思っています。

身長の高い人が多いスポーツの身長の高いポジション

私の子供の話ではなく私自身の話ですが、やっているスポーツによって身長が伸びるのではないかと思います。
私の身長は178cmあるのですが学生時代に所属していたスポーツはサッカー部でポジションはゴールキーパーでした。
もともと身長が高くてゴールキーパーになる子が多いのですが、私のクラブには身長の高い子はいたのですが少し動きが遅い子で低すぎない程度の身長と身軽さで選ばれました。
小学校の時にはそこまで身長は伸びなかったのですが中学に上がり部活の練習が毎日ありゴールキーパーの練習も小学校の時とは比べ物になりませんでした。
そこから高校生の卒業まで約25cm程身長が伸びました。
私の友人も中学に上がりバレー部に入部した友人は中学の間だけで20cmも身長が伸びました。
私も友人のどちらもジャンプを多くするスポーツまたはポジションでした。
バレーでもリベロは身長の低い人が多くあまりジャンプのしないポジションは身長があまり伸びないことがわかります。
しかし、ジャンプというのは柔らかい着地をしないと逆に身長が縮むと言われているので注意も必要です。
昔NASAの宇宙飛行士テストで高い身長はNGという身長制限があったため制限ぎりぎりの人はジャンプしてドンと着地をすることで身長を縮ませた人がいたそうです。
身長とは親の遺伝はもちろん大きいとは思いますが日々の生活から体を伸ばすような動きを心掛ける事で身長が伸びる事も縮めることもあると思います。

乳製品や運動をさせて身長を伸ばす工夫をした体験談

私は子供に対して身長を伸ばすために、乳製品を飲ませて運動をさせることによって身長を伸ばす工夫を行ってきました。
やり方としまして、朝と夜の食後の後に牛乳を飲ませたりヨーグルトを飲ませたりしたのです。
また、日中や就寝前に運動をさせたりもしたのです。この運動方法としては、鉄棒を使って懸垂を行ったり腹筋や腕立て伏せを行い筋力作りを行うともに、鉄棒を使って懸垂を行うことによりその力で身長が伸びると思いその方法を行いました。
始めて1ヵ月経った頃に身長を測ってみたのですがあまり変化は見られずにさらに1ヵ月続け、その結果0.5センチではありますが変化が見られるようになったのです。
最初は成長とともに伸びているのかと思っていましたが、2ヶ月目から毎日身長を測ってみますとわずかではありますが0.1センチずつ身長が伸びているのに気づき始めるのです。
さらなる身長アップさせるために、料理にも工夫をし行いました。
その方法としては乳製品を使った料理や魚中心の料理を行い、骨を強くするとともに身長を伸ばすように乳製品を中心とした夕食や朝食を作るようになったのです。
その料理につきましては、シチューや野菜などに牛乳を混ぜたりヨーグルトを混ぜたりし行ったのです

背がのびるために私が行ったこと

5歳と2歳の子をもつママです。上の子が小さかったので、悩みました。男の子は牛乳を飲んだら大きくなるってよく聞くので、毎日牛乳を飲ませました。あとは野菜や魚を中心に食べさせました。なるべく家では裸足で過ごしたり、遊びでトランポリンを買ってきてジャンプしたり、公園の鉄棒にぶら下がったり遊び感覚で続けました。習い事はスイミングをさせました。背の高い男の方に聞いたら、共通点は、牛乳を飲んでいた、バレーやバスケなどジャンプするスポーツをしていたと言っていました。寝るときは膝を伸ばす、朝起きたら背伸びをする、テレビやDVDを見ながらダンスをしたり、体操をする、服のサイズはジャストより余裕がある少し大きめのを着せる、といろいろ工夫をしました。スイミングに行って半年ぐらいしてから背が伸び始めました。結果、牛乳とスイミングが効果がでたかなと思います。足のサイズも大きくなりました。外で遊んだり、自転車や一輪車に乗って体を動かしています。お腹もすくから、よく食べます。食べる量も増え、ますますわんぱくになりました。これからも、食事は油ものや甘いものより、肉や魚や野菜や果物や味噌汁や大豆製品を中心に摂取し、体を動かしていきたいと思います。

早寝早起き適度な運動

栄養・・・カルシウムをとることが大事だと考え、朝晩の食事の際には必ず牛乳を用意します。青魚、特に骨ごと食べられるような小魚は意識して用意しています。そのほか、肉類、野菜等もバランスよく献立を考えています。少々食欲がなくても、必ず毎日3食とらせています。
睡眠・・・毎日8時間は取らせるようにしています。何かで読んだ記憶があるのですが、午後10時から午前2時の間に成長ホルモン(セロトニン?)が分泌されるらしいです。ですからこの時間帯を挟むような形で睡眠をとらせるようにしています。
日常生活について・・・正座はひざの成長にあまりよろしくないようなことを聞いた記憶があります。正式な場所等どうしても正座をしなければならない場合を除き、なるべく正座をさせないようにしています。
運動・・・全身を使った運動が骨の成長には効果的だと思いますので、夏の間はプールや海に積極的に連れて行くようにしています。金銭的に余裕があれば近所の水泳教室に通わせて、一年中水泳させたいのですが、それだけの余裕がないのが実情です。その他、なるべく歩かせるように心がけています。エレベーター等があってもできるだけ階段を使わせています。身長だけでなく、健康のためにもなると思っています。
ごくありきたりな内容ですが、それだけ実践しやすいのではと思っています。ご参考にしていただければ幸いです。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加